出版物 本文へジャンプ


2010年 1月27日全国一斉発売!
PHP研究所 「疫病神・貧乏神・死神が教えてくれた 幸せの法則


・・・・人生、一度や二度の失敗なんぞは当たり前。三度四度の失敗もよくあること。五度六度の失敗は貴重な経験。そう考えて生きていけばいいじゃありませんか。
 この本では、夜逃げをしても、死んでも何の解決にもならないことを書きました。そして、苦境に立たされたときにどう対処したらいいのか、私なりの提言を述べています。
 「人は心の傷を人生で負う。傷口から自分の未熟さが染み込んで、人生を知る。傷の痛みを他人のせいにしていれば、人生は自分のものにはならない。まして人生の達人となることはできない」

                                                    〜以上、前書きより抜粋



ここ十数年、年間三万人の自殺者が後を絶たない昨今、この混迷の時代だからこそ多くの方に読んで頂きたいと想い,自身の人生を赤裸々に綴った本です。
自殺の誘惑に負けそうになり、一家で夜逃げまで経験した。本来なら一家離散になっても不思議ではない状況の中で、なぜよみがえる事が出来たのか?
逃げたら、逃げただけの人生、開き直って『貧乏神』『死神』と真正面から向き合った時、希望の光が見えてきた。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
『読者の声』☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

私はこの本から勇気をもらいました。
仕事や人間関係で悩み、何度も死のうと思ったことがあります。
つまらないことで、くよくよしてました。
そんな自分が馬鹿らしく思えるようになりました。
素晴らしい本でした。ありがとうございます。

家族って、すばらしいですね。私はひとりでさみしいです。
早く家族がほしいと思いました。

これからも家族一丸となって、家業に頑張って頂ければと思います。
           (ご本人の許可を頂いて掲載しました。)

昨夜、本を買いました。
現在半分ほど読みましたが、昭和50年生まれの僕には特に衝撃的であり
前半は特に映画のような展開で、僕自身が塩崎凱也さんになったつもりで塩崎さんの人生に引き込まれながら読み進めてしまいました。
同時に親のありがたみ、そして自分も一人の親として、家族の大黒柱としての自覚を再認識し、また夫婦愛のすばらしさも勉強させてもらってます。
この本にはものすごい勇気や気づきが入っていると実感してます。
            (ご本人の許可を頂いて掲載しました。)

130日付けの福島民友新聞に掲載された「7度の倒産から再起した経営者」の記事を読んで、私は、早速福島の書店に行って本を買い求め、毎晩遅くまで時間をかけて読破した。

私は読書する際にアンダーラインを引く癖があるので、紙面が真っ赤になるようなページが何ヶ所もあった。著者が7回も倒産しながら、よくぞ再起したと、ただただ驚嘆するばかりです。拾った新聞のコラム欄の記事を読んで、発奮することが書いてありましたが、それを見落とさなかった感性のアンテナも素晴らしいと思った。また、失意のどん底にあって「閉じこもり状態」にあった時、奥さんが「朝早くからトラックの運転手として懸命に働き、仕事帰りには必ず、缶ビールとたばこを買ってきてくれた。それはまるで重病人を優しく扱う看護士のようでした」再起可能となったことを思うとき、世の経営者にとって妻の存在は極めて重大であると痛感した。

     福島民友 読者のページ【窓】より   福島県伊達市 小野弘二氏(83才)

(ご本人の許可を頂いてお名前、記事を掲載しました。)



吉田YKK前社長との出会いからの成長に感銘するところ多々あり、
事業への取り組みの要点は元より「夫婦・家族の絆」
の有り様など、今こそ考え直すに良い本と読みながら目頭が熱くなりました。
素直に書かれた随所に見える極意は勿論ですが、次の点にも注目したい。
松下幸之助=商売のコツ    御木本幸吉=長寿のコツ
吉田忠雄との出会いと教えなど。
明治、大正に育った母たちが立派に子育てをした様が、自分の母を思い出しながら彷彿とさせた。
                   (富山県黒部市  男性)
           (ご本人の許可を頂いて掲載しました。)


 初めまして 、今 ご本を読ませていただきました。
私は47歳です とても素直な心で 勉強させていただく事ができ 有難うございました。
田舎で漁業を営みながら 小さな商店をさせてもらっています お客様に喜んでいただく事 原点ですね。
償の想い 笑みの心 ご本から再度 いただかせてもらう事ができました。
お陰様で 今日も有り難くお店は元気にしております。
           (ご本人の許可を頂いて掲載しました。)



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

PHP研究所より全国書店にて好評販売中!
2010年1月初版発行
定価1300円+税

☆楽天
アマゾン、PHP等ネットでも購入できます。

☆福島民友に記事を掲載されました。


☆夕刊「いわき民報」 のトップページに掲載されました。




地元、ヤマニ書房でサイン会も開かれました。





NHK「人生読本」「ラジオ深夜便」

各地の講演にひっぱりだこの名物社長初めての書きおろし

明日香出版 「会社をたたみたくなったら読む本」
もうあかん」
と思わなければ
必ず再起できる。


ひとつ、ひとつ真心込めて
技術で現す感謝の気持ち

私に妻は「お父さん、人間生まれてきたときは
裸、死ぬときも裸なんだからもう一度裸からやり
直せばいいじゃない」と支えてくれたものです。
この妻の支えがなかったら、今の私はありません。
私は妻に感謝しています。

『会社をたたみたくなったら読む本』より


著者 
二代目店主(現 相談役)
塩崎 凱也(しおざき よしなり)


貧乏から若き日の成功そして遊びに転落。
 7度のどん底から立ち上がった社長が語る
経営と人生運営のノウハウ。

この本は『会社をたたみたくなったら読む本』
というタイトルになっていますが
『人生をたたみたくなったら読んでもらいたい本』
でもあります。

明日香出版社より全国書店にて好評販売中!
 2001年11月初版発行

定価1500円+税
明日香出版社 
〒112-0005  東京都文京区水道2-11-5
          電話 (03)5395−7650